「全農パールライス」が中国向け越境EC「豌豆公主(ワンドウ)」にて商品販売を開始

2017年今秋より、日本産の農産物・米加工品の販売に向け始動。中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」運営のInagora
中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、全農パールライス株式会社(代表取締役社長:大貝浩平 所在地:東京都千代田区 以下「全農パールライス」)の取り扱う食品を中心とした、日本産の農産物・米加工品の中国マーケットにおける販売に向け始動しました。

これまでの『豌豆公主(ワンドウ)』のラインナップに加え「全農パールライス」が出店することにより、インアゴーラは食料品カテゴリの商品拡充を実現し、お客様に対しこれまで以上に良質な商品や日本のライフスタイル情報をお届けして参ります。

インアゴーラは今後も様々な日本企業や中国ユーザーのニーズに適応しNo.1の越境ECプラットフォームとなることを目指しております。

■「全農パールライス」について
昭和47年10月石川株式会社東京支店米穀部を分離して、東京石川米穀株式会社を設立。平成13年月3月群馬、埼玉、千葉、 神奈川、山梨、新潟の全農県本部の米穀部門と合併し全農パールライス東日本株式会社を設立。東日本地区JAグループ卸の中核として広域米穀卸売事業を開始。一方全農パールライス西日本は昭和63年12月全農と大阪府経済連の共同出資により、大阪 農協食糧株式会社を設立し、平成13年3月兵庫経済連、平成15年3月長崎パールライス、平成16年4月近畿酒造精米株式 会社と合併して酒米本部を設置、平成21年10月鳥取パールライス株式会社と合併、平成24年10月奈良県農業協同組合と合併致しました。平成26年10月全農パールライス東日本と全農パールライス西日本が合併し、商号を全農パールライス株式会社に変更致しました。大消費地の営業・精米販売拠点を一体的に運営開始し現在に至っております。

■全農パールライス株式会社 概要
本社所在地:東京都千代田区内神田1-1-12 コープビル2F
代表取締役社長:大貝浩平
会社設立:昭和47年10月9日
URL:http://www.zpr.co.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2017年10月5日|Categories: プレスリリース|