中国消費者向け日本商品特化型越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」、自社倉庫の一部をタッチ&トライができるショールームとして開放!

中国消費者向け日本商品特化型越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」、自社倉庫の一部をタッチ&トライができるショールームとして開放!

訪日中国人観光客が増加する旧正月・春節の時期に合わせ、2月8日(木)よりオープン

中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社(代表取締役社長:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、旧正月・春節の時期に合わせ、東京・青海倉庫の一部を、「豌豆公主(ワンドウ)」の人気商品を実際に手に取って試すことのできるショールームとして、2018年2月8日(木)より一般のお客様に開放します。

本件は、「豌豆公主(ワンドウ)」の中国人のお客様からの「日本の人気商品を購入前に試したい」というご要望に応えるため、顧客サービスの一環としてスタートしました。

ショールームの来場者は、「豌豆公主(ワンドウ)」で取り扱っている約40,000SKUの商品の中から、食品・化粧品・アパレルなどの厳選した人気商品 約1,200SKUを実際に手に取って試すことができます。さらに、「豌豆公主(ワンドウ)」アプリのバーコードリーダーでJANコードを読み込むと中国語の商品説明や口コミなどが表示され、中国人のお客様は商品の特長を詳しく確認することができます。

なお、訪日中国人観光客のお客様は、気に入った商品を「豌豆公主(ワンドウ)」日本国内オンライン販売モード1で国内最安レベルの価格で購入することができます。注文した商品は滞在先のホテルや空港のABCカウンターに届くため※2、より便利に観光を楽しむことができます。

また、ショールームには、100年以上続く日本の老舗企業を集めた「100年100社プロジェクト」※3の商品もディスプレイしています。これにより、ショールームの来場者は地方に足を運ぶことなく、日本各地にある優れた商品やこだわりの逸品・名品をお試しいただくことができます。

今後もインアゴーラは、より楽しく便利なショッピングの場を、国境を超えてお客様に提供できるよう努めます。

※1  「豌豆公主(ワンドウ)」利用中の中国人のお客様が訪日すると、GPS自動判定により「日本国内オンライン販売モード」に切り替わります。購入したい商品のJANコードを読み込むだけで中国語の商品説明、口コミが確認でき、より便利に買い物をすることができます。また、国際送料や税金分を差し引いた日本国内最安レベルの価格でショッピングを楽しむことができます。

ご参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000015714.html

※2 団体のお客様は、帰国日の3日前、且つ、18時半までにご注文いただければ、当日宿泊するホテルへ商品を配送します。(18時半以降のご注文は空港のABCカウンターへの配送となります。)
団体以外のお客様は、帰国日の3日前までにご注文いただければ、成田国際空港・東京国際空港のABCカウンターへ商品を配送します。(関西国際空港・中部国際空港のABCカウンターへの配送は、帰国日の4日前までにご注文いただく必要がございます。)

※3 100年以上の歴史を持つ日本の老舗企業を「豌豆公主(ワンドウ)」に集め、各社の歴史や概要、モノづくりにかける思いなどを中国人のお客様により丁寧に紹介した上で販売するプロジェクトで、「爆買い」商品に留まらない日本商品の奥深い魅力を伝える新しい取り組みです。

ご参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000015714.html

■「豌豆公主(ワンドウ)」ショールーム概要
・開放時間:10時~18時
・定休日:不定休
・住所:東京都江東区青海3-4-19 青海流通センター第1号棟5-6バース
・広さ:約285平米
・展示商品数:約1,200SKU
・来場方法:事前のお申し込みが必要です
・申込み方法:以下の「お問い合せ先」メールアドレスにご連絡いただき、お申し込みください
・お問い合せ先:inagora-showroom@inagora.com(※日本語・中国語 可能)

■中国消費者向け越境ECプラットフォーム『豌豆(ワンドウ)プラットフォーム』概要

日本の企業と中国消費者を結ぶため、日本企業が海外進出を検討する際に必ず課題となる「情報の越境」「物流の越境」「決済の越境」のすべてを解決する、ワンストップソリューション型のB to B to C越境ECプラットフォームです。日本企業と中国消費者間の文化的ギャップを吸収するため、中国消費者向けに商品の翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応、他(多)チャンネル展開などの全工程をインアゴーラが担います。日本の企業はインアゴーラの日本国内倉庫に商品を配送するだけで、国内ECショップを1店舗追加するよりも簡単に、巨大な中国市場に進出することができます。

■『豌豆公主(ワンドウ)』概要

中国消費者向け 唯一の日本商品特化型ショッピングアプリとして2015年8月のリリース以来、流通総額を急速に伸ばしています。取り扱い商品数は、中国で既に人気のアイテムから中国消費者の認知度が低い商品まで約40,000商品(2017年11月現在)で、多岐にわたるカテゴリーの商品を取り揃えております。中国消費者に日本商品や企業ブランドの魅力を伝え、日本のライフスタイルを提案する多角的なコンテンツ(PGC*1)やアプリ内のSNS機能(UGC*2 =プリンセストーク)を通じて拡散できる点が特徴です。
※1:編集部によるトピックス=企業HPやブランド紹介ページ、編集部制作の記事・動画コンテンツ等
※2:ユーザーによるコメント=ユーザー口コミ情報、サンプリング結果等

■Inagora株式会社 概要

本社所在地 :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ16F
会社設立  :2014年12月15日
代表取締役 : 翁 永飆
URL    :http://inagora.com/

インアゴーラ株式会社は、キングソフト株式会社会長 翁永飆(当時)と、美容家でありMNC New York株式会社 代表 山本未奈子により、2014年12月に設立されました。「ショッピングに国境はない。」という考えのもと、中国向け越境ECプラットフォーム「プラットフォーム」を構築・ 運営し、ブランドストーリーやユーザーの口コミ、商品の使い方やライフスタイル提案等の「情報の越境」に注力し、中国人消費者に良質な日本製 商品を提供し続けております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で