ユニ・チャーム「ムーニー」の取り扱い開始

SNS・インフルエンサー・動画などのデジタルマーケティングを駆使し、
中国のベビー用品市場における啓蒙活動をサポート

中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、ユニ・チャーム株式会社(代表取締役 社長執行役員:高原 豪久 所在地:東京都港区 以下「ユニ・チャーム」)が製造・販売するベビー用品「ムーニー」の取り扱いを2018年6月5日(火)より開始します。

インアゴーラは、日本企業が国内外のEコマース市場により簡単に参入できる環境づくりを追求し、中国消費者向けの越境ECを始めとする様々な事業を展開しています。このたび、インアゴーラがこれまで培った中国消費者向けのコンテンツ制作力とマーケティグ、物流の知見をご評価いただき、ムーニー製品の取り扱いの開始に至りました。

インアゴーラは、中国のお客様のニーズに即した動画コンテンツの制作や中国のSNS・KOLを活用した情報拡散のノウハウを用いて、ムーニー製品のデジタルマーケティング活動をサポートします。
また、子供用紙おむつに加え、子供用おしりふき・母乳パッド・トイレトレーニング用紙おむつ・プレミアム紙おむつなどの豊富なラインナップを展開し、品揃えの拡充を図ります。
ムーニー製品の正しい使い方の理解促進を図ることで、中国のお客様が日本のベビー用品に対する理解を深め、より便利にお使いいただけるよう、啓蒙活動を行います。

今後の展望として、インアゴーラはユニ・チャームと協業し、中国で市場拡大の余地がある高齢者向け介護用品の取り扱いにも取り組んでいきます。
インアゴーラは、今後も日本企業が国内外のEコマース市場により手軽に参入できる環境づくりを追求し、日本企業と海外および国内のお客様を結ぶサポートに努めます。
※ Key Opinion Leader(キーオピニオンリーダー)の略称で、中国のSNS上で影響力の高いアカウント、いわゆるインフルエンサーを指します。

■ユニ・チャーム株式会社 概要
本社所在地:東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
会社設立:1961年2月10日
代表取締役 社長執行役員:高原 豪久

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年6月5日|Categories: プレスリリース|