ベビー&子供服のハイブランド『MIKIHOUSE HOT BISCUITS』ショッピングアプリ『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品販売を開始

中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区、以下当社)と、ベビー&子供服のハイブランド『MIKIHOUSE HOT BISCUITS』を展開する、株式会社ミキハウストレード(本社:大阪府八尾市、代表取締役:木村 隆一、以下:ミキハウストレード)は出店契約を締結し2016年12月6日(火)より、当社が運営するショッピングアプリ『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品販売を開始したことをお知らせ致します。

当社は、これまで中国の一人っ子政策廃止後の“第二子ブーム”に向け、「ギンザのサヱグサ」やリクルートマーケティングパートナーズ運営の「赤すぐnet」と提携し、機能性やデザイン性に優れた高品質な日本のベビー用品やお子様用アパレルグッズを中国へ発信して参りました。

今回の提携についても『豌豆公主(ワンドウ)』の商品の1つ1つの魅力を、多角的なコンテンツを活用して紹介し、顧客育成をしながら販売するという当社のコンセプトに共感をいただいたことから提携が実現しております。
中国ではすでに大ブレイク中の『MIKIHOUSE HOT BISCUITS』が出店することで、安心、安全な商品を求める『豌豆公主(ワンドウ)』のママユーザーたちのベビー&キッズアイテムのお買い豌豆公主(ワンドウ)物の選択肢が大幅に増え、親子のライフスタイルの充実化を図ることができます。

オープニング時には中国「W12」に向けベビー&キッズアイテム福袋の販売や、ブランドの紹介動画などを準備している(12月12日リリース予定)ほか、今後も『豌豆公主(ワンドウ)』の様々な販売企画や、PGC(※1) やUGC(※2)といった様々なコンテンツを通じて、日本の良質な商品を中国へ発信していくことで『MIKIHOUSE HOT BISCUITS』ブランドの更なる拡大・浸透に注力して参ります。

■株式会社ミキハウストレードについて
年間売上額約350億円のミキハウスグループにおいて、「ミキハウス ホットビスケッツ」を運営するハイブランド
カンパニーです。ベビー&子供服ならびに関連商品の店頭及び通信販売を行い、日本全国主要ショッピングセンターや百貨店、子供服専門店、アウトレットモール、及び大型育児用品店での店頭販売など、日本国内直営店120店舗を展開。
そのほか、国内通信販売ついて、自社グループ通販サイト「ciao!」のほかに、「楽天」「Amazon」「LOHACO」「マガシーク」など大手通販サイトに出店しています。
また、海外の通信販売戦略としては2015年8月より中国Tmall国際に出店し、中国を中心としながらASEAN地域や欧米での展開を視野に準備を進めています。

■『MIKIHOUSE HOT BISCUITS』について
ポップでカラフルがキーワード。ビーンズくん、キャビットちゃんといったかわいくて元気なキャラクターたちが、洋服の中にたくさん登場します。子どもも大人も思わず笑顔になる、おもちゃ箱をひっくり返したような、楽しさにあふれたブランドです。子どもが毎日着たくなる、着やすさ、着心地を追求しています。おもちゃ、帽子、くつ、バッグも充実しています。
※サイズ:50~120cm/新生児~5才ごろ/男女児

■株式会社ミキハウストレード 概要
本社所在地:大阪府八尾市大窪936
代表取締役:木村 隆一
会社設立:2002年(平成14年)11月1日
URL:http://www.mikihousetrade.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2016年12月7日|Categories: プレスリリース|