KDDI 株式会社と資本・業務提携 「中国越境・国内ECのワンストップソリューション(※)」を共同で提供

KDDI株式会社と資本・業務提携「中国越境・国内ECのワンストップソリューション(※)」を共同で提供

中国消費者向け唯一の日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 本社:東京都港区、以下「インアゴーラ」)は、2017年10月にKDDI株式会社(代表取締役社長:田中 孝司、本社:東京都千代田区、以下KDDI)と資本・業務提携に関する契約を締結致しました。
インアゴーラは、越境EC事業で培った2,600ブランド約40,000点の豊富な商品ラインナップと中国国内の各販売チャンネルへの個別配送向けの物流力を活かし、KDDIグループが運営する総合ショッピングモールサービス「Wowma!(ワウマ)」と共にワンドウ同で日本国内EC事業へ本格的に参入致します。これにより、「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」出店者さまは「Wowma!」内に新たに出店される「WONDERFULL」ストアを通じ国内ECの展開が可能となります。さらに、インアゴーラが持つ優れた商品調達力を活かすことによって、「Wowma!」のお客さまはより豊富な品揃えをお得な価格で選択することが可能となります。

また、インアゴーラはKDDIと共同で成長著しい中国市場と日本国内市場への同時進出を可能とする「中国越境・国内ECワンドウストップソリューション(※)」を、「Wowma!」及び「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」の出店者さま向けに提供致します。インアゴーラが越境ECで培ったノウハウを活かし、「Wowma!」出店者さまに商品情報の制作・翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応、多チャンネル展開などの越境ECを行うために必要となる全工程をサポートすることによって、「Wowma!」出店者さまはインアゴーラの日本国内倉庫に商品を配送するだけで、簡単に巨大な中国市場へ進出することが可能となります。これに加え、インアゴーラが運営するインバウンドメディアを通じた訪日中国人観光客への商品訴求とオンライン免税店での販売も可能となり、越境ECで取り扱うことが難しかった商品の中国市場への進出もサポート致します。

さらに、インアゴーラはKDDIグループが運営する自社物販サービス「au WALLET Market」において、商品の仕入れ力の強化と効率化を実施していくことでシナジーの最大化を図ります。(※)インアゴーラ、KDDI両社のお取引先さまが、中国越境EC・国内のプラットフォームを同時に利用可能となるソリューションです。

■KDDI 株式会社 概要
本社所在地:東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号
代表取締役社長:田中 孝司
創業:1984年6月1日
URL:http://www.kddi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2017年11月22日|Categories: プレスリリース|