越境 EC 事業を主力に展開するインアゴーラ、経済産業省が主催するスタートアップ支援プログラム「J-Startup」 において、「J-Startup」企業として選定

「ショッピングに国境はない。」をスローガンに、中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するInagora株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、2018年6月11日(月)に、経済産業省が主催する、世界で戦い勝てるスタートアップ企業を生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供することを目的としたスタートアップ支援プログラム「J-Startup」において、有識者が推薦した成長スタートアップ企業「J-Startup企業」として選定されました。

これにより、 インアゴーラは「J-Startup」事務局および大企業やベンチャーキャピタル、アクセラレーターなど「J-Startup Supporters」の支援を受け、 日本企業が国内外の E コマース市場により手軽に参入できる環境づくりを追求し、成長を加速させます。

「J-Startup」プログラムとは
経済産業省がJETRO(日本貿易振興機構)、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)などの政府関係機関と大企業やベンチャーキャピタル、アクセラテーターなどの 「J-Startup Supporters」と共同で運営する、 世界で戦い勝てるスタートアップ企業を生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供することを目的としたスタートアップ支援プログラムです。
有識者が推薦した成長スタートアップ企業を「J-Startup 企業」として選定し、大企業やベンチャーキャピタル、アクセラレーターなどの「J-Startup Supporters」とともに、海外展開も含め官民一丸となって集中的にサポートします。また、関係省庁とも連携し、プログラムを推進します。
http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180611003/20180611003.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年6月12日|Categories: プレスリリース|