伊藤忠商事、KDDI、SBI ホールディングス等より、第三者割当増資による総額約 6,800万ドル(約76.5億円)の資金調達を実施

2016年2月よりわずか1年8ヵ月で総額123.5億円の大型資金調達を実施

中国消費者向け唯一の日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 本社:東京都港区、以下「インアゴーラ」)は、2017年10月31日にシリーズDラウンドで約6,800万ドル(約76.5億円)の第三者割当増資を完了し、総額1億900万ドル(約123.5億円)の資金調達を致しました。

新たな引受先として、2017年10月に戦略的資本業務提携契約を締結した伊藤忠商事株式会社(代表取締役社長:岡藤 正広、本社:東京都港区、以下「伊藤忠商事」)ならびにKDDI株式会社(代表取締役社長:田中 孝司、本社:東京都千代田区、以下KDDI)、加えて、SBIホールディングス株式会社(代表取締役 執行役員社長:北尾 吉孝 本社:東京都港区)等が本ラウンドに参加しました。

インアゴーラはこれまでに2016年2月・5月・11月に、中国大手VCであるVentech China(ベンテックチャイナ)、真格基金、IDG資本、日本のベンチャー投資・育成事業のほか、大企業の事業創出支援等を手掛けるWorld Innovation Labなどから、合計4,100万ドル(約47億円)をシリーズA~Cラウンドとして調達して参りました。本ラウンドでの調達を加え、1年8ヵ月の間に総額1億900万ドル(約123.5億円)の調達を実施したこととなります。

本資金調達の使途として、技術・マーケティング・物流・運営といった全般的な人員の増強や、物流拠点の拡充、物流力の強化、システムの強化、マレーシア・シンガポール・香港・台湾をはじめとする東南アジアへの事業展開に向けたシステム開発とマーケティングの強化を予定しています。

また、日中間における新しい商品流通システム「Wonder Japan Cross-Border Syndication(ワンダージャパンクロスボーダーシンジケーション)※」(通用名称:WonderJapanSyndication 略称:WJS)を打ち出し、国内の大手卸とともに越境ECにおける中間流通業の役割を担います。煩雑であった中国への越境ECをより手軽にチャレンジ可能なものとすることによって、国内企業が越境ECに参入しやすい環境を整えて参ります。
※日本企業が越境ECを行う上で必要となる、商品マスター・通関データベース・新商品情報といった情報基盤、商流・物流といったビジネス基盤、マーケティング基盤をプラットフォーム化し、越境ECを総合的にサポートする新流通システムです。

■資金調達 概要
調達金額:約6,800万ドル(約76.5億円)
調達方法:第三者割当増資
出資元:伊藤忠商事株式会社、KDDI株式会社、SBIホールディングス株式会社 ほか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2017年11月22日|Categories: プレスリリース|