ジーンズブランド「EDWIN(エドウイン)」「SOMETHING(サムシング)」 中国向け越境EC『豌豆公主(ワンドウ)』に出店

ジーンズブランド「EDWIN(エドウイン)」「SOMETHING(サムシング)」2017年11月1日(水)より販売開始
中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、株式会社エドウイン(代表取締役社長:中分 孝一 所在地:東京都荒川区)の運営するジーンズブランド「EDWIN(エドウイン)」と「SOMETHING(サムシング)」を、2017年11月1日(水)より『豌豆公主(ワンドウ)』に出店開始しました。

インアゴーラは、糸、生地、縫製、フィット、ウォッシュ加工など全ての工程に徹底的にこだわり、日本のジーニングシーンをリードしてきたブランド「EDWIN(エドウィン)」と「SOMETHING(サムシング)」の中国展開をサポートします。

出店ブランド

EDWIN(エドウイン)
1961年、日本で生まれ、高い品質とデザイン性は、国内のみならず海外でも高い評価を得ているデニムブランド。「DENIM」のアルファベットを並び変えたのがブランド名の由来。

SOMETHING(サムシング)
「女の子は、かならずきれいになる。」をコンセプトにした、女性を、より美しく魅せる、女性のためのジーンズブランド。
『豌豆公主(ワンドウ)』は中国ユーザー向けショッピングアプリで唯一の日本商品特化型サービスです。日本企業は初期費用・固定費が無料で出店ができることから、中国で既に人気の商品からまだ中国ユーザーの認知度が低い商品まで約27,500商品(2017年6月現在)もの多岐にわたる品揃えを実現しており、人気の要因の1つとなっております。日本商品特化型であるため商品を陳列して販売するだけではなく、企業ブランド・商品の詳細情報や、商品の使い方や利用シーンをまとめた動画・記事コンテンツを提供するなどユーザーに対して多角的にアプローチすることが可能です。
また、アプリ内のSNS機能(プリンセストーク)やコンテンツを通じて、ブランドイメージや商品をより拡散・浸透させていくこともできるため、『豌豆公主(ワンドウ)』から新たなヒット商品も続々と誕生しております。インアゴーラは今後も様々な日本企業や中国ユーザーのニーズに適応しNo.1の越境ECプラットフォームとなることを目指しております。

■「株式会社エドウイン」について
1947年創業、1961年からはじまる日本のジーンズメーカー。60年代のワンウォッシュ、70年代のオールドウォッシュ、80年代のストーンウォッシュなど、デニムとフィットと洗い加工の開発で、日本のみならず、世界に先駆けてジーンズに新しい価値観とクオリティを提案し続け、常に進化し続ける国産ジーンズブランド。

■株式会社エドウイン 概要
本社所在地:東京都荒川区東日暮里3-27-6
代表取締役社長:中分孝一
会社設立:2006年2月27日
※株式会社エドウインの前身である株式会社エドウイン・ホールディングスの設立日
URL:http://www.edwin.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2017年11月2日|Categories: プレスリリース|