旭酒造の日本酒「獺祭」で初の日本酒の販売を開始

「獺祭」として初の越境EC 2018年1月22日(月)より開始

中国消費者向け唯一の日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆公主(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、旭酒造株式会社(代表取締役社長:桜井一宏 所在地:山口県岩国市 以下「旭酒造」)の製造する日本酒「獺祭」の販売を、2018年1月22日(月)より開始致します。

旭酒造は、昭和23年に創業した、国内外で人気の日本酒「獺祭」を製造、販売する酒蔵です。
旭酒造は、かねてより海外展開にも積極的に取り組んでおり、「獺祭」は中国においても約10年前より一般貿易での輸出販売を実施していますが、越境ECスキームを用いた販売は今回が初めてとなります。

一般貿易に比べて通関などの手続きが簡易で、お客様が適正な価格で正規の商品を購入でき、さらに従来の販売先とは異なるユーザー層や販路にリーチが可能であるといった越境ECの利点と、インアゴーラのコンテンツ制作力および物流インフラを評価頂き、『豌豆公主(ワンドウ)』における「獺祭」の販売に至りました。まずは4種類の商品の販売から始め、順次拡大していく予定です。

なお、本件は『豌豆公主(ワンドウ)』にとっても初の酒類の販売となります。

販売商品
獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 300ml
獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 300ml
獺祭 純米大吟醸 50 300ml(カートン入り)
獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 720ml(木箱入り)

インアゴーラは旭酒造とともに、「お酒のある楽しい生活」を中国のお客様に提案し、日本商品と日本のライフスタイルを楽しんでいただく場をお届けして参ります。

■旭酒造株式会社 概要
本社所在地:山口県岩国市周東町獺越2167-4
代表取締役社長:桜井 一宏
会社設立:1948年1月23日
URL:https://www.asahishuzo.ne.jp/index.php

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年1月22日|Categories: プレスリリース|