日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社(代表取締役CEO:翁 永飆、所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、株式会社ビーバイ・イー(代表取締役:小原澤惠美、所在地:東京都港区以下「ビーバイ・イー」)が展開するブランド「ママバター」の全商品55SKUを中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」にて2019年3月15日(金)より販売開始いたします。

ママバターは、「潤う肌は、植物の力」をテーマとし、天然由来のシアバターを主な保湿成分としたブランドです。天然の高品質なシアバターをふんだんに配合しながらも、赤ちゃんから大人まで、家族みんなで使い続けられるナチュラルコスメを追求し、価格にもこだわった商品づくりを行っています。

インアゴーラは、以前より同ブランドを販売していましたが、今後、中国市場のベビー商品に対するニーズがより高まると見込み、中国のお客様の嗜好にマッチするママバターブランドの品揃え拡充に至りました。インアゴーラは、今回「ママバター」ブランドの全商品55SKUを取り扱い、ベビー商品カテゴリーの強化を図ります。

インアゴーラは、引き続き中国のお客様のトレンドに即したコンテンツ制作およびデジタルマーケティングのノウハウを活用し、ママバターをはじめとするベビー商品が中国のお客様に支持されるようサポートします。

インアゴーラは、今後も日本企業と海外および国内のお客様を結ぶサポートに努め、中国のお客様に日本商品と日本のライフスタイルを楽しんでいただく場をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で