ライオンのスペシャル講演会 in Inaogra

皆様こんにちは!
ショッピングに国境はない!というスローガンを掲げ、日本の製品を海外のお客様へ利用いただける架け橋を担っている私たち。
今回、スペシャル講演会第6弾は・・・

取締役 常務執行役員 掬川正純様にお越しいただき
ライオン商品や歴史について勉強させていただきました!!

ところで・・・・私的発言ですが私は、昔から歯ブラシはシステマを愛用しています。
細かなところまで届き、磨き応えがあって、何となく他の歯ブラシよりも汚れが落ちる気がするし、ちょうど良い硬さが気に入って、かれこれ15年以上使用しています。
そんな掬川常務より、ライオン様の主力商品であるシステマについて触れることが出来ました。
僕が愛用しているシステマって実は、1993年発売のロングセラー商品。

毛先に特徴があり、繊維メーカーとの共同で独自に開発した超極細毛を使用した歯ブラシの開発をしたそうです。
その毛先の先端の違いがコチラ

道理で綺麗になるはずですww
汚れが落ちるっていうのは錯覚ではなくて、根拠があるなと妙に納得しましたww
さて、今回の公演は、会社概要ではなく商品紹介からスタートと一風変わった流れでした。
ライオンの創業ヒストリーとして、まず創業が1891年(明治24年)。
なんと御年127歳の老舗企業。
当初はオーラルケアとは違った商品を開発販売したそうですが、1896年いわゆる粉タイプのオーラルケアを発売したことがきっかけで本格参入。

因みにこれが当時の貴重なパッケージ。
ライオン本社にも1つしか残っていない貴重な商品。
創業5年後、1896(明治29)年 日本に(動物の)ライオンが来て大変な人気であった白く強い歯牙にあやかり「獅子印ライオン歯磨」が後の社名になったそうです。
100年前以上前の歯ブラシがどのように進化していったのか、の進化を理解。

(昔の歯ブラシって、靴ブラシみたいで絶対汚れ落ちないよなって思いました・・・)
オーラルケア分野において、様々な研究や努力をされている企業なんだと改めて実感。今回も、日本オフィスを拠点とし北京チームと上海チームの2拠点に、ライブ中継でリアルタイムで講演をお届けしました!

あとちょっとした余談ですが講演会当日は、ライオン様の決算発表の日でした。
夕方過ぎに終了したとのことですが、マスコミ以外で決算内容を入手したのは、Inagoraでしたww
最後は、恒例の記念撮影で幕を閉じました。

多くの消費者にライオン社の製品を届けるうえで、ライオン社の魅力を理解した私たちは一人でも多くのライオンファンを作りたいと思いました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018-02-20T11:33:42+00:00 2018年2月20日|Categories: 人事ブログ|