「X-girl(エックスガール)」の販売を開始

日本のストリートカルチャーを代表するレディースアパレルブランド
「X-girl(エックスガール)」の販売を2018年3月26日(月)より開始

日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社(代表取締役社長:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、株式会社ビーズインターナショナル(代表取締役社長:西方雄作、所在地:東京都目黒区 以下「ビーズインターナショナル」)が運営する、レディース ストリート ウエア ブランド「X-girl(エックスガール)」の取り扱いを2018年3月26日(月)より開始します。

「X-girl(エックスガール)」は、原宿のストリートスナップに象徴される、日本のストリートカルチャーを代表するブランドです。かねてより、海外展開にも積極的に取り組んでおり、昨今の中国の若年層におけるストリートファッションの需要の盛り上がりと、ブランドの世界観を壊すことのなく統一されたブランドマネジメントを可能にする、インアゴーラの中国国内におけるマーケティング力を評価頂き、今回の販売開始に至りました。

販売商品
定番のロゴTシャツから、ワンピース、バッグ、帽子やベルトなど、幅広いアイテムから人気商品をセレクトした260SKU
インアゴーラは今後も、中国のお客様に日本商品と日本のライフスタイルを楽しんでいただく場をお届けします。

■株式会社ビーズインターナショナル 概要
東京本社所在地 :東京都目黒区東山1-1-2 東山ビル7F
会社設立 :1990年12月
代表取締役社長:西方雄作
事業内容 :衣料品・雑貨品企画販売、販売促進活動、EC事業、映画配給
URL :https://www.bs-intl.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年3月26日|Categories: プレスリリース|