越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」のリアル免税店を大阪に新規オープン

中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社(代表取締役社長:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、株式会社 BAIFUN(バイファン)(代表取締役:石 磊 所在地:大阪府大阪市 以下 「バイファン」)と共同し、2018年4月より大阪府・心斎橋に越境ECショッピングアプリ「豌豆(ワンドウ)」のリアル免税店を新たにオープンしました。

インアゴーラは、日本企業が国内外のEコマース市場により簡単に参入できる環境づくりを追求し、中国消費者向けの越境ECを始めとする様々な事業を展開しています。
訪日中国人観光客向けのインバウンド事業にも力を入れており、2017年8月より、越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」のリアル及びオンライン免税店の展開、訪日中国人観光客向けのフリーペーパーの発行などを行っています。

今回、訪日中国人観光客からのインバウンドニーズが年々高まる大阪において※1、インアゴーラのインバウンド事業の知見を活かせるリアル免税店を構えることで、お取引先企業様のインバウンド事業をより加速させることができると判断し、大阪で免税店を運営しているバイファンと共同での免税店オープンに至りました。

大阪免税店では、「豌豆公主(ワンドウ)」で取り扱っている約40,000SKUの商品の中から、化粧品・医薬品・健康食品などの“爆買い商品”を中心に約1,000SKUを取り扱います。免税店に来場した訪日中国人観光客のお客様は、「豌豆公主(ワンドウ)」アプリのバーコードリーダーでJANコードを読み込むことで、中国語の商品説明や口コミなどの商品特長を詳しく確認することができます。さらに、商品は「豌豆公主(ワンドウ)」オンライン免税店2で国内最安レベルの価格で購入することができます。注文した商品は空港のABCカウンターに届くため、より便利に観光を楽しむことができます。

今後も、インアゴーラは日本企業のインバウンド事業の支援を強化してまいります。

※1 大阪府の発表によると、来阪中国人観光客数は2016年 372万9,000人(前年比137%)、2017年 402万4,000人(前年比108%)と、年々上昇しています。
※2 「豌豆公主(ワンドウ)」利用中の中国人のお客様が訪日すると、GPS自動判定により「日本国内オンライン販売モード」に切り替わります。購入したい商品のJANコードを読み込むだけで中国語の商品説明、口コミが確認でき、より便利に買い物をすることができます。また、国際送料や税金分を差し引いた日本国内最安レベルの価格でショッピングを楽しむことができます。
ご参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000015714.html

■「豌豆公主(ワンドウ)」リアル免税店(大阪)概要
・住所    :大阪府大阪市中央区島之内2-17-6
・開店時間  :8:30~27:00
・定休日   :なし
・広さ    :約93平米
・展示商品数 :約1,000SKU
・電話    :06-6211-0922
・住所    :大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-17B1F
・開店時間  :11:00~24:00
・定休日   :なし
・広さ    :約88.8平米
・展示商品数 :約1,000SKU
・電話    :06-4708-6015

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年5月8日|Categories: プレスリリース|