中山 雄介VP(Vice president)

私はこんな人、私のキャリア

防衛大学校卒業後、海上自衛隊出身。 セブン-イレブン・ジャパン、富士通、日本コカ・コーラを経て、2011年1月アマゾンジャパン入社。食品飲料事業部の商品部長、食品飲料事業部長を歴任し多くの全社プロジェクトに参画。2015年2月楽天に移籍。 楽天では、2015年のジャンル別組織の移行期において、食品飲料ジャンルの戦略部長を担当。 2017年2月よりInagoraに参画。

Inagoraに決めた理由やエピソード

私のビジネスキャリアのスタートはそもそも自衛隊に始まり、20代は純日本企業、 30代はアメリカ企業でキャリアを歩んできました。 私の仕事の哲学は「三方良し」という近江商人の教えです。お客様、お取引先様、そして自分の会社ひいては家族と自分自身。この全てが良くなり幸せになる環境こそが私の求める仕事です。Inagoraでは一貫してこの「三方良し」を実現できるビジョンとビジネスモデルが具体的にあり、何より代表の翁の「同舟共済:同じ舟に乗って理想を目指そう!」と言う情熱に惚れ込んで入社を決めました。

現在のInagoraの仕事、ミッション、醍醐味や楽しさ

日本には世界に誇る素晴らしい文化、伝統、商品があります。その商品に凝縮された文化歴をとセットで、中国をはじめ世界中のお客様の手元にお届けするために、日本のメーカー様、卸様と中国での販売戦略立案と実行、社内の様々な仕組み作り、優秀な人材の採用など日々挑戦しています。

Inagoraってこんな会社

新しい事や、自分の理想をダイレクトに仕事にぶつけることができる環境です。グローバルフィールドなので当然ですが英語、中国語、日本語が飛び交います。また職場環境はダイナミックでスピードが速く、そして家族のようなあたたかい雰囲気がある会社です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年2月2日|Categories: 社員インタビュー|