私はこんな人、私のキャリア

かねてより海外に興味があり、大学では中国語を専門に勉強してきました。大学3年時の留学をきっかけに中国への興味が強まり、中国に関わる仕事をしたいと考えました。はじめは中国に進出しているメーカーを中心に探していたのですが、直接お客様へ日本の商品を提案できる越境ECというビジネスに魅力を感じ、Inagoraへの入社を決めました。

私の業務

プラットフォーム事業部のインストックスタッフとして、発注、入庫関連の業務を担当しています。必要な商品を必要なときに必要なぶん仕入れ、お客様に確実に届けるのが私のミッションです。中国側のメンバーや仕入先様と連絡を取りながら、日々改善に取り組んでいます。
また、プラットフォーム事業部は比較的日本人が多い部署なので、中国語を使える私はブリッジ(通訳)の役割も務めています。得意の中国語が活かせることに充実感を覚えています。

今はまだ中国に行く機会がありませんが、ゆくゆくは中国に渡って、お客様の声を聞きながら仕事がしてみたいです。またインストックの一員として、発注ロジックの調整など、より高度で重要な仕事に挑戦してみたいと考えています。もっと勉強して、中国側の経験豊富な担当者と対等に議論ができるようになりたいです。

Inagoraの印象、醍醐味や楽しさ

入社直後から副社長の補佐として、ライブ販売に参加できたことが印象的です。フラットでチャンスの多い会社だと感じました。
私は一年目から北京の方とのやり取りを任せていただいているのですが、日本のビジネスの進め方は中国と大きく異なるため、その間に立って調整するのが一番難しいです。責任重大ですが、大きなやりがいを感じています。
また、国籍や部署に関係なく仕事をしているので、様々な人と関わることができます。価値観が広がりますし、社会人として学ぶことが多いです。

Inagoraってこんな会社

変化が速く、色々なことに挑戦できる会社です。突然チャンスが降ってくるので、いつでも対応できるよう常日ごろから心構えをしています。
また、フラットで誰にでも話しかけやすく、役員相手でも遠慮せず会話ができます。残業することもありますが、フレックスも利用しやすいですし、働きやすい会社だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で