私はこんな人、私のキャリア

大学卒業後に公認会計士2次試験に合格し、大手監査法人へ入所しました。監査法人入所後は会計監査業務を中心に、業務に従事し、上場会社、上場準備会社、学校法人など幅広い会社において会計監査を実施しました。その後、企業を外から見るよりプレーヤーとして輝きたいとの想いや、監査法人の外に出てさらなる成長をしたいとの想いから、18年半在籍した監査法人を退職し、上場会社に入社しました。上場会社で経理実務一巡を経験したのち、ベンチャーに挑戦したいという想いが抑えられず、Inagoraに転職しました。

Inagoraに決めた理由やエピソード

もともと、いままでの経験を生かして作り上げる仕事をベンチャーでやりたいと思っていました。お話を頂いたとき、日本と中国のハイブリッドな組織をまとめるというほかのどこにも無いような挑戦、また日本と中国の経理業務全体をこれから構築しコントロールするというやりがいのある挑戦ができるという高揚感がありました。「Inagoraでの経験はどれだけ自分を成長させるのだろう」「安定的な会社にとどまるより、挑戦がしたい」という気持ちが沸き上がり、いままでにない無限の可能性を感じてInagoraへの入社を決めました。

現在のInagoraの仕事、ミッション、醍醐味や楽しさ

Inagoraにおける経理業務のミッションは、全社の部門とコニュニケーションを行い、経営者、利害関係者、社内のあらゆる部門に有用な情報を管理し、伝達することが中心です。一方で会社の変化や意思決定のスピードはとても速いものがあります。したがって、管理の仕組みづくりは柔軟性、スピード、正確性が要求されます。その一方で日中のメンバーでコニュニケーションをとるのも大変です。しかし、言葉の壁、文化の壁を乗り越え、日本と中国の異なるカルチャーのメンバーの力を結集し、スピード感を持って会社の課題に対応できた時には、日中を超えた一体感と、個人及び組織としての成長、充実感を感じることができます。

Inagoraってこんな会社

Inagoraにはとても個性的なメンバーがあつまり、そのメンバーそれぞれがスピード感をもって自律的に動いています。時には激しくぶつかることもありますが、それも情熱があればこそです。日中のカルチャーの違いもまた良し。日々新しい発見があり、とても刺激的な日々を過ごせる会社です。日々は課題の発生とその解決の連続であり困難なことも多いですが、それだけに一つの目標に向かって日本と中国が一体となって充実感と成長を感じられる会社、それがInagoraです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で