商品ラインナップを拡充し「豌豆公主(ワンドウ) 五反田TOC店」を新しくオープン

オンライン・オフライン双方の利点を活かした戦略的なインバウンド事業を展開

中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、インアゴーラ株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、2018年6月11日(月)より、中国消費者向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」のリアル免税店を、東京・赤坂から五反田の商業施設 TOCビル内に移転し新たにオープンします。

このオープンに伴い、より豊富な商品ラインナップと利便性の高いショッピングの場をお客様に提供します。

インアゴーラは、日本企業が国内外のEコマース市場により簡単に参入できる環境づくりを追求し、越境ECを始めとする様々な事業を展開しています。
2017年8月より、「豌豆公主(ワンドウ)」のお客様からの「買い物時間を短縮したい」「商品について中国語で詳しく説明して欲しい」「商品を購入前に試したい」などのご要望に応えるため、インバウンド事業を開始しました。リアル免税店、オンライン免税サイト、フリーペーパーの発行を行っており、訪日中国人観光客の「旅マエ」「入国」「旅ナカ」「旅アト」の全旅程において、オンライン・オフライン双方のマーケティングを包括的に展開しています。

リアル免税店「豌豆公主(ワンドウ) 五反田TOC店」が入居する五反田TOCビルは、訪日中国人観光ツアー客のお客様がアクセスしやすい立地にあるため、より利便性の高いショッピングの場を提供できるようになりました。「豌豆公主(ワンドウ)」で取り扱っている約40,000SKUの中から、化粧品・食品などの厳選した人気商品とバイヤーがお薦めする日本商品など 約1,000SKUを取り揃えています。
お客様は実際に商品を手にとって試したり、「豌豆公主(ワンドウ)」アプリのバーコードリーダーで商品のJANコードを読み込むことで表示される中国語の商品説明や口コミなどを参考に、商品の特長を詳しく確認した上で買い物をすることができます。
また、「豌豆公主(ワンドウ)」オンライン免税サイト※1経由でも、国内最安レベルの価格で商品を購入することが可能で、オンライン免税サイトで注文した商品は空港のカウンターに届くため※2、手ぶらで観光を楽しむことができます。

「豌豆公主(ワンドウ) 五反田TOC店」で購入した商品は、帰国後も「豌豆公主(ワンドウ)」を通して継続購入することができ、オンライン・オフライン双方のシナジーにより、より戦略的なインバウンド施策を展開しています。
今後もインアゴーラは、より楽しく便利なショッピングの場を、国境を超えてお客様に提供できるよう努めます。

※1 「豌豆公主(ワンドウ)」利用中の中国人のお客様が訪日すると、GPS自動判定により「日本国内オンライン販売モード」に切り替わります。ご参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000015714.html
※2 帰国日の3日前までにご注文いただければ、成田国際空港・東京国際空港・新千歳空港のカウンターへ商品を配送します。(関西国際空港・中部国際空港のカウンターへの配送は、帰国日の4日前までにご注文いただく必要がございます。)

■リアル免税店「豌豆公主(ワンドウ) 五反田TOC店」概要
・開放時間 :10時~19時
・定休日  :不定休
・住所   :東京都品川区西五反田7丁目22番17号 TOCビル 地下1階 119号室
・広さ   :69.54平米
・展示商品数:約1,080SKU
・来場者  :訪日中国人観光客、及び、日本人のお客様(日本人のお客様は免税価格にはなりません

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年6月11日|Categories: プレスリリース|